発電量が高ければ必然的に価格も高額の太陽光発電パネル

まず、太陽光発電についての簡単な説明をします。太陽光発電とは太陽から受け取ったエネルギーを発電パネルを通じて電気エネルギーへと変換し利用するもので、企業によって行われる大規模なものから各家庭に於いて行われている小規模なものまであります。前提として、太陽光発電は発電の際に太陽光発電パネルの設置が必要不可欠であるため、ほかの発電法方に比べ初期投資のかかるものであります。ただ、初期投資以外には費用がほとんどかからず、30~40年ほど使い続けることができるため最終的な費用の収支はプラスとなる場合が多いです。太陽光の発電パネルは大きさや性能に於いて様々なものが存在し、販売価格を決定させる主な要因はこの二つです。つまり、発電量の高いもの(大きさに関しては大きいもの、性能に関してはより最新に近いもの)の価格が高額となります。理由としては大きなものを作成する際に発生する材料費や、技術的なものに対する使用料などです。高額なものは高額であるなりの理由が存在します。例を挙げるとすると、高額な服はデザインやブランドに対するものであったり、高額な食事は味や雰囲気を得るものであったりするものなどです。それが、今回の太陽光発電パネルでは発電量に対して存在するのです。ただ、太陽光発電に関しては高額の投資をすることで発電量が多くなるので、最終的に電気代の負担費用が少なくなり、長い目で見た利回りの効率が良くなるものであるのは間違いありません。また、太陽光発電に関してはある程度長期間発電し続けることを前提とした考えで開始するので、初期投資に関して気にすること自体を考え直してみるのも良いかもしれません。最後に、何度も繰り返した通り太陽光パネルは購入時以外の費用はほとんど発生しない発電方法です。したがって、安いものが必ずしも最終的に最大の利益を得られるとは考えず、特に購入検討時に収支の計算などをしっかりと考えてみるのが良いです。

PR/大谷地のサロン
ミュゼ大谷地店|CAPO大谷地店の店舗情報と予約窓口と口コミ!

太陽光発電の年間予測発電量

太陽光発電は、光を直接電気エネルギーに変換することで電気を得る発電方法です。太陽光発電での発電量は太陽電池パネルの発電効率と枚数、また直接のエネルギーとなる日照時間によって左右されます。

そもそも太陽光発電では、太陽電池パネルによって低ボルトの電気を発電し、それらを電池の要領で直列に繋ぐことで一定の出力を発揮します。その場合でも1枚あたりの発電量は50wから200w程度で、それらのパネルを複数設置しパワーコンディショナーと呼ばれる変電装置に集めて家庭で使われる商業電源のレベルまで高圧化して使用するものです。電気は自家消費されるほか余った場合には電力会社に売ることができます。

現代の家庭用の太陽光発電システムであれば2kw以上が主流で、5kwも設置すれば理論上の年間の家庭で消費される電気のすべてを賄うことができます。オール電化にすれば、すなわち光熱費をゼロにすることが可能ということです。また太陽光発電においては、太陽電池パネルの枚数が多いほど費用対効果が高いメリットがあります。

一方で太陽光発電量の年間予測をするためには、斜面日射量、日数、出力、標準日射強度の4つのデータがあれば会う程度は予測することができますが、現実的には高温になると発電効率が下がりやすくなるので、その年の気象条件によって変わってきます。
なお、5kwレベルの太陽光発電システムであれば、東京では年間6000kw程度が標準です。日照時間が長い地域ほど発電量は増えますが、一方で高温になると発電効率が下がるため高地の方が発電量が多くなります。
また太陽光発電システムを設置するさいには利回りという表現も使われます。これは年間予測の発電量から売電によって得られたお金を算出し、設置に掛かった費用を割ったものです。一般的には利回りは設置費用によって大きく変わってきますが、一般的な太陽光発電システムでは年10%を超えるもので、10年間使用すれば、十分に元が取れるとわれています。

太陽光発電コラム:太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)が出来た背景

太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)をご存知でしょうか。
電気料金の電気使用量のお知らせを見た事ある人であればご存知の方も多い事でしょう。当月の使用電力量金額が並ぶ表に表示されている項目で、電気を使用する人には平等に賦課されているものです。
地球温暖化、オゾン層破壊、海水温上昇などの環境問題への関心の高まりより、再生可能エネルギーの利用が本格的になってきました。ですが、再生可能エネルギーを使用するには設備の新規設置が各家庭で必要となります。設備導入費用が一般家庭にとっては安い金額ではないため、一般家庭への普及率は高いとは言えない状態です。
再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱などがあり、火力発電のとはことなる繰り返し利用が可能なエネルギーの事をさします。
企業によっては、自社発電による環境対策や電気コスト削減を目的として、未使用だったビルの屋上を太陽光パネルの設置場所にあてたり、風力発電を設置、温泉施設などでは温泉による地熱を利用した地熱発電など、少しずつではありますが広まりつつあります。
最近の新築一戸建では、再生可能エネルギーを中心に考えて一戸建てを設計する街のトータルデザインも増えてきています。各自治体によって差はありますが、太陽光パネルの設置には助成金を補助する制度もあり、徐々に普及率が上がってきています。
再生可能エネルギーの電気普及率が上昇すると、日本のエネルギー自給率は向上します。
そして、エネルギー自給率が上昇すると、化石燃料依存度が低下して電気料金の安定にもつながる事でしょう。
太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)は、平成22年4月から開始されました。太陽光サーチャージは、(前年における買取総額)-(前年における回避可能費用)=(当年度における想定総需要電力量)で算出されます。太陽光発電を導入している家庭にとっては、太陽光サーチャージを賦課されても電気の買取により収入ができるため、更なる普及のきっかけの一つになる事でしょう。