太陽光発電コラム:太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)が出来た背景

太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)をご存知でしょうか。
電気料金の電気使用量のお知らせを見た事ある人であればご存知の方も多い事でしょう。当月の使用電力量金額が並ぶ表に表示されている項目で、電気を使用する人には平等に賦課されているものです。
地球温暖化、オゾン層破壊、海水温上昇などの環境問題への関心の高まりより、再生可能エネルギーの利用が本格的になってきました。ですが、再生可能エネルギーを使用するには設備の新規設置が各家庭で必要となります。設備導入費用が一般家庭にとっては安い金額ではないため、一般家庭への普及率は高いとは言えない状態です。
再生可能エネルギーには、太陽光、風力、地熱などがあり、火力発電のとはことなる繰り返し利用が可能なエネルギーの事をさします。
企業によっては、自社発電による環境対策や電気コスト削減を目的として、未使用だったビルの屋上を太陽光パネルの設置場所にあてたり、風力発電を設置、温泉施設などでは温泉による地熱を利用した地熱発電など、少しずつではありますが広まりつつあります。
最近の新築一戸建では、再生可能エネルギーを中心に考えて一戸建てを設計する街のトータルデザインも増えてきています。各自治体によって差はありますが、太陽光パネルの設置には助成金を補助する制度もあり、徐々に普及率が上がってきています。
再生可能エネルギーの電気普及率が上昇すると、日本のエネルギー自給率は向上します。
そして、エネルギー自給率が上昇すると、化石燃料依存度が低下して電気料金の安定にもつながる事でしょう。
太陽光発電促進付加金(太陽光サーチャージ)は、平成22年4月から開始されました。太陽光サーチャージは、(前年における買取総額)-(前年における回避可能費用)=(当年度における想定総需要電力量)で算出されます。太陽光発電を導入している家庭にとっては、太陽光サーチャージを賦課されても電気の買取により収入ができるため、更なる普及のきっかけの一つになる事でしょう。

太陽光レンタルビジネス

ビジネスとして太陽光発電の導入をお考えの方はたくさんいらっしゃいます。太陽光発電というと、個人宅の屋根の上にもずいぶんと設置されるご家庭が増えました。やはり自身大国日本に住んでいるからには、何かあったときにライフラインの一つとして電気が確保されることは大きいでしょう。また、自宅で消費した分の電気代ぐらいは自分の家で発電した分でまかないたいと考える方も少なくありません。個人で太陽光発電を考える方の多くは、一般的に太陽光のパネルを購入、設置して何十年というスパンで結果収益を得ることを目指します。もちろん万が一の時のライフラインの確保という保険のような側面も持ち合わせていますので、純粋に投資目的ではない方もいらっしゃいます。最初に太陽光パネルを購入し、設置することは、初期投資が大きくかかってくることを意味しています。ビジネスで太陽光発電に投資をしようとする方はより大規模な範囲で太陽光発電施設を作らなければビジネスとしては成り立たない場合は多いものです。その場合の場合、太陽光パネルの設置費用や、災害などの予期できない事態に対応できるのかといったリスクを抱えることになってしまい、単純に利回りのことだけを考えられなくなってしまいます。
そこで、今注目されているのが太陽光レンタルビジネスです。土地はあるけれども、初期投資をかけたくない、太陽光パネルのメンテナンスにお金はかけたくないという方にはメリットが大きいと言えます。太陽光パネルをレンタルして、今は使っていない畑や田んぼに設置し、太陽光発電収入を得ます。最初に大きな金額のお金を用意する必要がないので、大きなリスクを背負わなくても済みますし、事業が軌道に乗るかどうか不安な場合は、最初は少ない面識から始めて、良い利回りが出るようになったら徐々に範囲を広げていくという方法を取ることも出来ます。これから太陽光発電の導入をお考えの方には良い選択肢の一つでしょう。